08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【オークス】桜花賞と全く同じ1~3着決着

2009.05.24 (Sun)

5月24日(日)東京11R 優駿牝馬-オークス- 結果

1着 7番 ブエナビスタ
2着 3番 レッドディザイア
3着14番 ジェルミナル
4着13番 ブロードストリート
5着 8番 ディアジーナ

と言う結果・・・
つまり1着~3着までの着順が桜花賞と全く同じという結果に 収まりました。

(CSフジTV「競馬予想TV」 市丸さん、桜花賞と同じレースと
予想した内容、お見事でした!)


競馬に「たら・れば」はありません。
紙屑となった単勝3番馬券を買った自分が恨めしい。
痛恨のハナ差であった。
馬単、3連単をしとめるもトリガミでは・・・

しかしもって、上位4頭は見事的中。
1,2着はともかく、3-4着がアグネスタキオン産駒であったことに、
自身の予想軸は間違っていなかったなと再確認。

このアグネスタキオン産駒はクラシック路線切るべからず・・・は
次週のダービーにももちろん適用のセオリーです。
ご参考までに

【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



スポンサーサイト

テーマ : 競馬の予想結果 - ジャンル : ギャンブル

16:04  |  結果の事実  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【弥生賞】馬単10-2 \2180- 的中!

2009.03.08 (Sun)

【弥生賞(jpn2)】回顧

軸馬◎10番ロジユニヴァース(優勝)
購入馬券
馬単 10→総流し
馬単 2,4,5,6,9→10(2着付け)

馬単 10-2 ¥2,180- 的中!!

勝ちタイム 2分03秒5
ラップタイム 12.4-11.3-12.2-13.0-13.1-13.0-12.7-12.2-11.5-12.1
連対馬の4角位置と上がり 1着馬 35.8(1)  2着馬 36.1(2)

1着は大方の予想通りロジユニヴァース
勝ち馬が逃げることにより、場内どよめいた様子でしたが、
このメンバーでこの勝ちタイム。ラップを見ても決して無謀ではない
レース展開で休み開け順調にトライアルを優勝で通過いたしました。

行った理由はいろいろあるかと思いますが、
メルマガ本文中にも記した「レースの格にはレースなりの格によるタイム」
があり、ロジと鞍上横山典弘はこれを嫌ったというのが妥当な回答。
あまりにスローにつきあわされてしまうと、馬本来の能力を出せず、
不発に終わることをおそれたのでは?というのが私の見解。

昨日のブエナビスタに比べれば明らかに楽な展開でトライアルを完勝。
こちらはタイムの裏付けはないものの、本番に向けては好感の持てる
内容ではなかっただろうか。

タイムも平凡であったが、2着はまさに「軸が堅ければ・・・」の
5番人気ミッキーペトラが確保。前々の位置取りが好を奏した。
3着も7番人気のモエレエキスパートが突っ込み、3連複は
80倍台の決着となりました。

ミッキーペトラに関しては、まさに「1度も連を外していない馬」の
成長分であろう。

何とか今週も馬単10-2を的中させることが出来た。
購入点数と比較しても十分プラスの結果ではなかったろうか。

*************************************************************

【弥生賞におけるメルマガでの結論配信内容公開】

3月08日(日)中山11R【弥生賞(G2)】

【テーマ】
「伏兵に適性馬が見あたらず。黙って格を重視」

・「弥生賞」過去10年中山開催での同条件10回成績を参考とする
・サンプリングは当該レース過去10回連対馬20頭で実施

※本日はいろいろ分析しましたが、その中でもメンバーとのやぶにらみを行い、
 重要な特徴的傾向で予想をシンプルにお伝えします。

1)連対馬の所属
 西 16頭
 東 3頭
 地方所属 1頭  以上20頭/20頭中

 ここを使う関西馬はかなり強い。

2)連対馬の前走着順
 1着 (9,7)16  うち条件戦新馬戦1着 (1,2)3
 2着 (0,1)1
 3着 (0,0)0   以上17頭/20頭中

 黙って前走1着馬から狙う。

3)連対馬の前走出走クラス
 G1 (2,1)3
 G3 (6,6)12
 OP (1,1)2   ここまで17頭/20頭中

 前走条件戦馬を軸とするのは無謀。
 やはり重賞を使った馬で、かつ1着馬から。

4)連対馬の前走出走レース
 朝日杯FS (2,1)3
 ラジオNIKKEI杯 (2,1)3
 京成杯 (1,3)4
 きさらぎ賞 (1,2)3   ここまで13頭/20頭中

 暮れの朝日杯、ラジオNIKKEI杯、年初頭の京成杯からの直結が
 傾向としてみられるレースで、本年はこの3レースの優勝馬が全て出走。
 この3頭の決着が濃厚。

【結論】
ここまでことごとく過去の事例を破壊しつつけてきた馬。
それがロジユニヴァースである。

ここまで3戦、1度も軸にするための合致する過去要因が全くない。
まさに「次元と常識を越えた関東馬」の登場である。

これに気づいてしまっては、軸から落とす理由もなく。
近2走は重賞勝利、しかも4回コーナーを回るレースでの完勝。
間隔が開いた方がむしろ良いというのは周知の事実。

札幌チャンピオンが久々に表舞台を飾る日がやってきた!

軸は迷わず10番◎ロジユニヴァース

相手関係は、セイウンワンダーとアーリーロブストで足りるはず。
そして「同じ見方」を行えば、連をはずしていないミッキーペトラがどこまで
成長しているか。

昨日のチューリップ賞もそうであったが、最後の最後まで思うのが
「軸が堅ければヒモは緩い」忘れるべからず。

筆者馬券は以下の通り。
馬単 10→総流し
馬単 2,3,5,6,9,10→10(2着固定)
(15点)

Good luck!

(「キヲク」での最終予想結論公開は無料メルマガのみでの配信となっております。)

【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



テーマ : 競馬の予想結果 - ジャンル : ギャンブル

16:26  |  結果の事実  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。