11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【結果回顧】過去データが示す物(中日新聞杯)

2007.12.04 (Tue)

12/2(日)の「中日新聞杯」の結果からお伝えします。
残念ながら過去データから馬連を的中させることは
出来ませんでした。
すっかりJRAの「情報寸断作戦」にやられたか?!(笑)
以下に予想詳細回顧を記します。

*******************************************

中京11R 中日新聞杯(G3)
1着 8番  サンライズマックス
2着 5番  ダイレクトキャッチ
3着 13番 タスカータソルテ

【過去データからの予想理論検証】

1)6歳以上の連対なし。
 ・黙って6歳馬以上は切りましょう。

結果3歳牡馬による1-2-3。
6歳以上は全て6着以下に沈みました。
信じるべきデータと言えるでしょう。

2)血統的統計(今回最重要項目)
 ・父馬ではマヤノトップガン産駒が2勝2着1回
 ・フジキセキ産駒2勝
 ・アンバーシャダイ産駒が優勝1回、2着2回
 ・つまり今回はマヤノトップガン産駒で5歳以下の馬
  を軸とするのがセオリー。
 ・トップガンジョーかホッコーパドゥシャから入る。
 ・母父サンデーサイレンス産駒が3勝とダントツ。
  次いで母父ノーザンテーストが1勝2着1回
  やはりJRAが条件を変えたくなるような統計傾向が
  あきらかに見られている。
 ・狙いは、マイハッピークロスとタスカータソルテ
結果、父父:サンデーサイレンス産駒の1-2-3
血統論的にこの結果は読めなかった。
マヤノトップガン産駒最高位は、4着に推奨馬の
ホッコーパドゥシャが入線。実はこの馬、単勝117倍。
もし3着であったなら、相当のワイド配当であったろう。
いずれにせよ、過去データからの血統予想は的中しなかった。

3)前走負けている馬の方が連対している傾向
 ・人気と前走着順の過信禁物。
 ・特に前走5着以下がよく飛び込んでくる。
結果条件馬の上に前走1着の1番人気サンライズマックス
の優勝。全くアテにならない過去データと言えよう(苦笑)

4)ステップレースとしての推奨
 ・前走G1クラスからの出走からこのレースへ
  出走してきた場合、前走着順は考えずチョイス
  することをお奨めします。
 ・特に、「秋天」「菊花賞」「福島記念」組は高連対
結果、菊花賞組のタスカータソルテが3着であったが、
連対2頭は全くの別ルート。未来を示さない事もある
過去データでありました。

来年度から、JRAの番組には「○父限定重賞」が姿を
消すことになりました。つまり、今回の「中日新聞杯」が
「○父限定重賞」最後のレースとなります。
従って、本データは当たった当たらなかったに関わらず、
来年のどのレースにも・・・・いや、今後一切検索される
事もないであろうデータとなりました。

カブトヤマ記念が数年前になくなり、本レースも今年が最後。
以前、アラブのレースがJRAから姿を消した時の思いに
似た感覚を持ちます。

私は既にクラブ出資から身を引きましたが、私が出資をしていた
頃は、「○父には手を出すな」という時代でした。
しかし、それも過去の事なんですね。
G1を○父馬が席巻する時代が来るとは当時夢にも
思いませんでした。

私の頭を去来する言葉は、やはり「競走馬も品種改良」なのか?
という思いであります。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

09:00  |  結果の事実  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【結果回顧】過去データが示す物(阪神JF)

2007.12.04 (Tue)

12/2(日)の「阪神JF」の結果からお伝えします。
見事過去データから馬連を的中させることが出来ました。
以下に予想詳細回顧を記します。

************************************************

阪神11R 阪神ジュベナイルF(G1)
1着 15番 トールポピー
2着 9番  レーヴダムール
3着 10番 エイムアットビップ

【過去データからの予想理論検証】

1)前走0.9秒以上負けは連対なし。
 ・ハートオブクイーン
 ・グラーフ
 ・ヤマカツオーキッド
 ・エフティマイア
  上記4頭不要
結果上記4頭は、11,9,12,17着
過去データは嘘をつきませんでした。

2)キャリア1戦馬は2着まで。
 ・従って、ヴァリアントレディとレーヴダムール
  は相手に買うべき。
  但しその場合相手は前走1着馬でないこと。
  (理由は4に)
文句なしの的中理論です。1戦1勝馬のレーヴダムールが
過去データ通り2着。勝ったトールポピーが前走2着。
まさに過去データが未来を示した結果です。

3)血統的傾向
 ・サンデーサイレンス産駒が相性高い。
 ・母父:サンデーサイレンスは当然注目。
 ・フレンチデピュティ産駒も過去1勝
 ・ならば3枠2頭が有力じゃない???
まず訂正から。「3枠2頭が有力」と書きましたが、
文章からお気づきの方も多かったと思います。
「2枠2頭」の間違いです。
で、その2枠2頭ですが、6,13着と敗退。
特にアロマキャンドルは何故ここまで敗退?

結果、母父サンデーサイレンスのトールポピーが優勝
ここでも過去データが正しいヒントを出していました。

4)過去9年の連対馬の組み合わせは・・・
 ・前走1着馬+前走2着以下の組み合わせ。
 ・2着以下馬で連対の可能性が非常に高いと
  思われる馬はトールポピー
  とするならば、ここから前走1着馬に流せば?
ここに、本レース的中の糸口が示されていました。
来年もセオリーに一考の過去データと言えるでしょう。

※結果、過去データの傾向から生かされた事実は、
・前走1秒近く負けている馬は不要
・1戦1勝馬は2着に一考(前走距離不問)
・母父:サンデーサイレンス馬は要注意
・上位2頭は、前走1着馬と、2着以下馬の組み合わせ

こんなところでしょうか。
来年の阪神JFには是非再度思い出してください。


↓もし予想が間違って当たっていたら、クリックでもしてください。↓
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

00:13  |  結果の事実  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。