05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

万馬券は「当てにいくものなのか?」

2008.06.02 (Mon)

「オークス」「ダービー」が終わりました。

幸運な事に、どちらのレースも、しっかりとメンバー構成から
馬券の買い方を組み立て、軸を間違えずに、馬連で2週連続
万馬券を手にすることが出来ました。

相変わらず、当日まで出馬表は見ず、
マスコミ情報も加えず、
過去の事実と血統だけで馬券を買った成果です。

オークスもダービーも結果2着が人気薄によって演出された
馬連万馬券・・・

しかし、本年の両レースは、私感ですと予想段階から
「1頭抜けていて、他は拮抗」というのが私の印象。
だからこその「軸1頭で総流し」という「買い方ありき」だったに過ぎません。
それはブログの文章を読んでいただければ一目瞭然と思います。

ただ、「結果どちらも万馬券の組み合わせ」であっただけ。
全部2着はありそうだったから全部押さえただけの事である。

総流しということは、17点買うわけだから、17倍以上つかないと
取り紙となってしまう。
しかし選べないのだから・・・どれも2着はありそうと思うから、総流し
なのである。
最悪人気サイドで決着したら「500円」なんて少額しか戻ってこないし、
軸を間違えば全部がパアである。

だが、軸も間違わず、結果どちらも人気薄が2着突っ込んできた
その事実が結果として残っただけである。

私にとって「万馬券」とは、自分の予想で導き出された結論で
組み合わせが決まり、
それが結果、予想通りで決着し、そのオッズが「万馬券」であった


ただ、それだけのことである。

オッズなど入線後に見るだけ。
オッズを見て馬券を買うなんて私にはありえない。

「万馬券を当てに行く」・・・
そんな買い方があるなんて、到底理解できない自分がここに居ます。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



スポンサーサイト

テーマ : 競馬コラム - ジャンル : ギャンブル

17:17  |  競馬コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。