05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【馬券論】当たりとハズレが存在するだけ

2008.06.13 (Fri)

馬券の買い方は自由である。
私のように1点100円しか買わない輩もおれば、
1レースに数万円、数百万円つぎ込む輩もいる。

一方で、馬券の 買い方も同様。
BOXで買う人もいれば、私のように軸から流す人も
おられるでしょう。
それは「戦術の違い」であって、結論、どんな買い方を
しようとも、馬券を買った全員に、無情なる「的中」か「不的中」
の審判が下るだけである。

私は馬券に対しては、それが全てと思っている。

的中馬券を手にした方が素晴らしい。
初心者だろうと、セオリー無視であろうと、
当たった馬券を手にした方が素晴らしいと認めてしまう。

蘊蓄は立派だが、当たらなくては意味がない。
全ては言い訳。それが博打。

かすってハズレも全くかすらないハズレも一緒である。
どちらも凄くない。
凄いのは的中馬券を手にした人だけ。

私は馬券の買い方で、カッコ悪いとか、恥ずかしいとか1度たりとも
思ったことはない。
軸からの総流しが結果オークス、ダービーの的中を生んでいる。

馬券の買い方は自由である。どんな買い方をして的中馬券を
手にしてもその事実は変わることなく、当たらなかった方には
到底及ばない勲章である。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



スポンサーサイト

テーマ : 競馬コラム - ジャンル : ギャンブル

00:00  |  競馬コラム  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。