08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】中山11R セントライト記念(jpnG2)

2008.09.21 (Sun)

(以下の内容はメルマガで既報済みの内容と同一です
 また、配信は昨夜の20:00に行われております)

9月21日(日)中山11R【セントライト記念(jpnG2)】

・セントライト記念の過去成績から予想
・過去10年で中山にて開催の9回連対18頭をサンプリング
 として軸予想

1)勢力図
 関東馬 連対4頭
 関西馬 連対14頭

 関東で行われる菊花賞トライアル戦ですから当然のデータでしょう。
 あまり過信は禁物ですが、関東馬優勢という構図だけは押さえましょう。

2)過去の連対馬血統傾向
 父:サンデーサイレンス (5,0)5頭  過去9回で5頭優勝と圧倒的
 (クラシック路線は 母父:サンデー馬要注意)

 父:ブライアンズタイム (0,2)2頭
 本年当該馬 ドットコム マイネルチャールズ

 母父:トウショウボーイ (2,0)
 母父:ノーザンテースト (1,1)

3)脚質傾向
 逃げ・先行有利
 4角5番手以内 (8,7) 16頭/18頭中

 上がり3F
 1位~3位 (7,6) 13頭/18頭中

 ある程度4角で前につけて、きっちり差す競馬が出来る馬が軸たる
 条件といえる。

 追い込みのみでは厳しいレース。

4)前走着順  1着 (4,3)7  うち下級1着(1,3)4
 2着 (3,1)4  うち下級2着(2,1)3
 3着 (0,2)2  うち下級3着(0,1)1

 同級1~3着馬 5頭連対/18頭中
 下級1~3着馬 8頭連対/18頭中

 昇級戦の馬を軸と捕らえるのが良い傾向のようです。

5)前走出走レース
 日本ダービー出走 (2,4)6
 500万下1着 (3,0)3
 1000万下+1600万下出走 (0,5)5

 昇級戦馬絶対に侮るなと言うことのようです。
 返せば春の実力馬過信すべからず。

 格下を狙うなら前走は函館、札幌、新潟、福島組


【結論】
以上の傾向から軸馬を選択してみると・・・
難解ですなぁ(汗)

客観的に見て実績だけならばマイネルチャールズなのでしょうけど、
実際生で見た札幌記念が案外の内容。

データを見ても上がりタイムがないこの馬を軸に推す理由は私にはない。
今回は枠も決して良くない。
強いて推すなら種牡馬血統だけであろうか。

過去の傾向からも、春の実績馬よりは上がり馬。
そもそもダービー3着までの馬が出ていない以上、春の実績馬はむしろ
軽視して良いのではないかというのが私の判断。

同世代同士の定規よりは、古馬勢と戦ってきた馬からではないであろうか?

ここはチャレンジしてみます。
軸指名馬 ◎キングオブカルト

11番から馬連総流しで

Good luck!


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com




スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

13:15  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【予想】阪神10R ローズS(jpnG2)

2008.09.21 (Sun)

(以下の内容はメルマガで既報済みの内容と同一です
 また、配信は昨夜の18:00に行われております)

9月21日(日)阪神10R【ローズS(jpnG2)】

・過去1回の阪神芝1800m(外回り)での施行条件
 +過去8回の阪神芝2000mでの同レース
・過去10年で阪神にて開催の9回連対18頭をサンプリングとして
 軸予想

1)最重要項目 コース変更後の蓄積データが1回という点
 本レースは昨年より、阪神芝1800m(外回り)での開催に変更
 (以前は阪神芝2000m)

 以前よりブログでは複数回に渡り書き記してまいりましたが、
 大義名分の「コース改修」に対する理由は明文化されておりますが、
 これを真実の理由として筆者は「JRAによるデータ蓄積の寸断」
 と判断しております。

 コース改修開催条件変更=傾向蓄積データの寸断
 という事です。

 返せば、「データ蓄積で馬券の答えを読み計ることが出来る」のが
 競馬であり胴元であるJRAは定期的にデータ蓄積を寸断する事を
 目的として馬場改修や開催条件の変更をしているという憶測で
 筆者は捉えております。

 重ねて書き記せば、「同じ阪神芝1800m外回り」という条件でも、
 G1とG2と特別戦ではその判断に違いが出る物であり、これを一括りで
 「過去データ」とするわけには行きません。

 冒頭にも書き記しているとおり、
 当該レースでの過去データの蓄積でなければより正確な傾向は
 推し量れないと考えます。

 従って、本レースも現在の条件になって1度しか開催されておらず、
 傾向をつかみ取ること・・・とりわけ、位置取りや、レースを制覇する
 ための能力等をつかむことに対しては精度がかなり低い状態です。

2)関西・関東の勢力図
 過去9年18頭の連対馬は
 関西15頭
 関東3頭

 圧倒的に関西馬優勢 軸は関西馬から

3)血統傾向
 父:サンデーサイレンス (1着3頭、2着7頭)11頭/18頭中
 この世代にサンデー産駒は存在しませんが、母父サンデーは
 牝馬クラシック路線で絶対軽視してはいけない血統です。
 トールポピー、エアパスカル、レジネッタ、ジョーイロンデル

 母父:ノーザンテースト (2,0)
 母父:トニービン (1,1) ブライティアカペラ
 これも要注意。

3)前走着順
 1着 (4,2)6
 2着 (2,3)5
 3着 (2,1)3

 前走3着以上 14頭/18頭中

 前走1着の場合 1000万下 または 500万下勝ち上がり
 (3,1)4
 下級勝ち馬が権利取りという側面もあるレース。
 ダイワスピリット、ウォーターリメイン、ジョーイロンデル

4)前走の出走場所
 東京 (3,6)9 →オークスからの直行組
 札幌 (3,2)5 →クイーンS、条件戦
 基本は「オークス」からの上位組から狙うのがセオリー

5)出走間隔
 10週以上 → (4,6)10
 オークス直行組が優勢なのが示されている

********************************************

以下はコースでの展開を推し量るために、2006年12月以降で
阪神芝外回りの1600m、1800m牝馬限定戦重賞のデータを
使って傾向を示した。(7レース14頭対象)

6)決着の傾向
 最も多いのは、
 中位差し (4,4)8頭/14頭中

 逃げ先行の連対ももちろんあるが、中位、後方からの差し切りが
 決まるコースと言える。
 また、これに伴い上がりの能力も必要となる。


【結論】
以上の傾向から軸馬を選択してみると・・・
トールポピーとレジネッタが双璧である縮図が見える。

答えを出してしまえば、この2頭で決まりと言えば簡単であろう。

しかし競馬はそんなに甘くない。
先ほども記したが、ここはクラシックレーストライアル
極論、ここで負けて良い馬も居れば、ここで絶対3着を狙ってくる馬も
居るであろう。相手はあくまでも馬連総流しである。

では軸は?どちらにする?

キオクを辿れば、秋の最終3冠に関しては、「桜花賞馬の活躍」
というキオクがよみがえる。
それはトライアルの開催場所が阪神競馬場と言う点が上げられる
であろう。昨年もダイワスカーレットが完勝した。

しかし、これは格的にも能力的にも上であった結果。
今年はどうであろうか?

また、全馬を見渡せば、先行する馬が極端に少ないような気がする。
これはペースが上がるのであろうか?
ここで「速くなる」と読めば上がりのあるレジネッタやオディールの台頭
「速くならない」と読むならば巡航能力でトールポピーであろう

加えて、外回り芝1800mという距離である
これはレジネッタよりはトールポピーに分があるような気がする。

マイルよりも流れは落ち着くであろう。
先行馬も少ないし、決して速くならず流れるような公算が高いと考える。

読み切れないのが、どちらが前で行くのかという事である。
これは展開であるから誰も読めない。ここが勝負を分ける。

結論 → ◎トールポピー

1番から馬連総流しで(レジネッタを厚く)

Good luck!


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com




テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

13:00  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。