10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】京都11R 京阪杯(G3)

2008.11.29 (Sat)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です)

11月29日(土)京都11R【京阪杯(G3)】

【テーマ】
「前半激しい先行争い、後半は能力勝負。上がりより走破タイムに注目」

・京阪杯の過去2年成績+アンドロメダS過去7年分から予想
・京都競馬場馬場過去10年で
 同時期京都芝1200mにて開催の
 9回開催連対18頭をサンプリングとして軸予想

1)2007年プレイバック
 優勝 1番人気 サンアディユ (前走中山G1スプリンターズS2着)
 2着 4番人気 ペールギュント (前走京都G2スワンS7着)

 スプリンターズSは不良馬場と、アストンマーチャンの逃げに惜しくも屈した
 サンアディユ。ここは能力が1枚上であった。鞍上も武豊に強化され完勝。
 2着にはサンデーサイレンス産駒のペールギュント。
 8番手の好位をルメールが上手く立ち振る舞っての1/2馬身差。
 先行-差しの決着であった。

2)レースの特筆傾向(ペース)
 京阪杯が京都芝1200mの重賞になって今年で3年目。
 正直過去2年分の事実でレースを推し量るのは困難を極める。
 従って、それ以前に開催時期、場所、距離が同一のオープン戦
 アンドロメダSの結果もサンプリングに加えた。

 距離が芝1200mであるため、99%「緩く流れて直線ヨーイドン」にはならない。
 間違いなく前半600mの方が速く、後半600m自力勝負となる。
 結果、上がり一辺倒では相当の能力差がなければ勝ちあがれず、
 また外枠・・・特に16番以上の馬番に連対すらない。
 一昨年まではBコース使用。去年はCコース → 今年もCコース使用。
 先週も書いたが、京都芝Cコースは先行有利。

 セオリーとしては、先行・逃げ馬+差し馬の組み合わせか?
 残った馬から前に行けて、後半脚もある馬を探す。

3)過去連対馬の馬齢
 3歳 (3,3)6頭
 4歳 (2,4)6頭
 5歳 (4,2)6頭  以上で18頭
 6歳以上の連対例なし。

 過去当該レースに連対実績がない6歳以上の馬は無条件切り。
 コパノフウジン、レッドバトラー、トーセンザオー、リキアイタイカン、
 アイルラヴァゲイン、マイケルバローズが消える。
 8枠3頭が含まれており、コース適性からも自信の切りと言える。

4)過去連対馬の脚質
 逃げ (1,3)4
 先行 (3,2)5
 中段 (4,3)7
 後方 (1,1)2 以上18頭

 逃げ馬一辺倒でも連対可能。全体では先行馬と差し馬が有利。
 やはりある程度前に行けて、後半タれない馬が狙い目と読む。

 上がり3F
 1位 (3,2)5
 2位 (1,2)3
 3位 (3,0)3 ここまで11頭と過半数

 「上がりはあった方がよい」というデータが見え隠れしている。
 但し後方一気は疑問視。

5)過去連対馬の前走着順
 1着 (1,2)3
 2着 (4,1)5
 3着 (0,1)1
 4着 (1,0)1
 5着 (1,0)1  ここまで11頭

 データに沿えば、前走2着までの馬が8頭とほぼ過半数。
 軸を選ぶなら前走2着まで。
 全体を見渡せば、過去連対馬の前走着順はそう問わなくても
 良いと考える。

【結論】
前走G1ないしはG2組と、
同じコース、距離で開催された京洛Sの再戦とみるのが常識的な判断。
但し京洛SはBコース使用。今回はCコース。
ここが微妙に影響を与えそうな印象。

前走重賞組ではまぎれもなくはずせないのは、
15番ビービーガルダン。
しかし15番枠というのは上記の通り少々割引。この馬がどこまで先行できるか
がレースの鍵を握る。

前走京洛S1着のスプリングソングは斤量据え置きで6番枠。
同2着馬ウエスタンダンサーとウエスタンビーナスは1kg増加。
鞍上から1番ウエスタンビーナスは無条件で軸に推せないが、残った2頭なら
スプリングソングがさらに有利なのは明白。

妥当に考えれば、この2頭(6-15)で良いような気もする。

ただ他の路線で気になる馬が居た。2番のマヤノツルギ。
休み開け実績十分(連対を外したことなし)
ここを狙って来ているような気がしてならない。

本日も脚質と枠から面白いと思った直感を込めて、あえてギャンブル。

軸は◎2番マヤノツルギ

馬連総流し(6,15厚めで)

私の馬券は
馬連総流し(6,15厚めで)

Good luck!


PS:特注馬 京都9R 京都2歳S ◎イグゼキュティヴ

【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト




にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com





テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

13:00  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【予想】福島11R 福島記念(jpnG3)

2008.11.24 (Mon)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です)

11月24日(月)福島11R【福島記念(jpnG3)】

【テーマ】
「間違わず軸を選んで総流しレース!終いの上がりが必要です」


・福島記念の過去成績から予想
・福島競馬場馬場過去10年で
 同時期同条件福島芝2000mにて開催の
 10回連対20頭をサンプリングとして軸予想

1)2007年プレイバック
 優勝 5番人気51kg アルコセニョーラ (前走京都G1秋華賞11着)
 2着 16番人気53kg ナリタプレリュード (前走京都OPアルデバランS12着)

 1-2着共に前走京都のレース2桁着順からの巻き返し決着。
 1着のアルコセニョーラは前走G1秋華賞出走であるから、11着からの巻き返し
 は納得できるレースレベル。
 しかしもって、前走ダートのOP戦を使って12着であったナリタプレリュードの2着
 は非常に読みにくい相手であった。

2)レースの特筆傾向
 4回コーナーを回る小回りコース特性に注目。
 前半1000mが後半1000mより速くなる、あるいは前後半がほぼ同じペースに
 なる。過去10年で100%このどちらかの展開。
 Aコース、Bコースで開催の時期には逃げ切り勝ちもあったが、Cコース開催に
 変更されてからは差し馬のレースとなっている。
 複数年連対した例は過去10年でウインブレイズただ1頭。

3)過去連対馬の馬齢
 3歳 (1,1)2頭
 4歳 (1,2)3頭
 5歳 (5,4)9頭
 6歳 (1,3)4頭
 7歳以上 (2,0)2頭  以上で20頭

 最も多いのは5歳馬の9頭連対。正直何歳からでも狙えるレース。
 牝馬は過去10年で2頭連対。
 アルコセニョーラ1着、オーバーザウォール1着でどちらも鞍上中舘。

4)過去10年連対馬の斤量
 ~51kg (2,0)2頭
 ~53kg (1,4)5頭
 ~55kg (3,5)8頭
 ~57kg (3,0)3頭
 ~59kg (1,1)2頭 以上で20頭

 最も連対数の多い斤量は54,55kgとなるが、正直何kgでも狙えるレース。
 斤量よりもコース適正か?

4)過去連対馬の前走出走クラス
 G1 (1,1)2頭
 G2 (1,0)1頭
 G3 (3,1)4頭
 OP (3,5)8頭
 1600万下 (2,3)5頭  以上で20頭

 実は前走に限れば、1600万下、オープン戦を使ってきた馬だけで
 過半数を上回る。軸はここから選ぶのがセオリー。

5)過去連対馬のステップレース
 カブトヤマ記念 (2,0)2
 オパールS (2,0)2
 カシオペアS (1,1)3
 
 意外であったが、前走京都出走馬の連対が(6,5)11頭とダントツ。
 カブトヤマ記念は現在は廃止されたレースであり参考外。
 このデータを引用するならば唯一京都からの参戦馬はブレーヴハートのみ。
 吉田豊2日連続重賞制覇なるか?

6)過去連対馬の前走着順
 1着 (1,1)2
 2着 (3,0)3
 3着 (1,0)1
 4着 (0,0)0
 5着 (1,2)3   ここまで9頭
 6着以下 (4,7)11

 前走着順不問。特にGレースでの惨敗は気にせず予想することを
 オススメ!

7)(重要)過去の本レースにおけるペース
 前半速く流れ、後半たれる
 あるいは前後半が同じペース

 前半1000mがどの程度の時計で進むかがポイントとなる。
 いずれにせよ、前半緩くなる傾向は見あたらないので、差し馬有利。

8)過去連対馬の脚質
 逃げ (1,1)2
 先行 (6,2)8
 中段 (1,6)7
 後方 (2,0)2

 ここ8年は逃げ馬の連対なし。これはCコースになってから逃げ馬が
 残しきれなくなっているコース傾向があると判断する。
 先頭集団の後ろからの台頭が狙い。

 上がり3F
 1位 (5,2)7
 2位 (2,1)3
 3位 (0,3)3 ここまでで13頭

 過去の連対馬20頭の内、上がりが上位3頭の馬だった結果が過半数を
 占めている。上がりのない馬は軸に向かないと判断。
 前半速いペースに対応できて、上がりのある馬を狙おう。

【結論】
こんな難しいレース、正直買いたくないです。
たぶんオッズも割れて、大万馬券とはならず、どれでも似たり寄ったりの
配当になるような分布が予想できます。

過去には「父内国産限定ハンデ戦」なんてもっと難しいレースがあったもの
ですが、現在残されている重賞で最も難しいレースではないでしょうか?

予想ファクターは上記の通り。

ズバリここは・・・・・
◎マイネルキッツ軸で勝負! ただし自信は無し。

筆者の馬券は
マイネルキッツから馬連総流し。
でも正直買いたくない。

馬券勝負は京都メイン「トパーズS」の方で。
◎11番エスポワールシチーから馬連総流しです。

Good luck!

【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト




にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com





テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

13:00  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。