05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】札幌11R 札幌2歳S(jpn3)

2008.10.04 (Sat)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です
 また、配信は本日早朝に行われております)


【テーマ】
「1戦1勝前走芝1800mを使った上がりの1位馬」


・札幌2歳Sの過去成績から予想
・過去10年で札幌芝1800mにて開催の7回連対14頭をサンプリング
 として軸予想

1)連対勢力図(連対14頭中)
 関東馬 連対3頭
 関西馬 連対9頭
 地方馬 連対2頭

 関西馬が優勢な状況。どちらかといえば関西馬を信頼。
 ここ3年は関西馬同士の決着。

 ※牝馬は2度2着の連対実績あり。
 アズマサンダース、マイネヴィータ

2)過去連対馬のキャリア
 1戦 (1,4)5頭
 2戦 (2,1)3頭
 3戦 (1,1)2頭
 4戦 (1,1)2頭
 これ以上の戦歴がある馬の連対は、地方所属馬のみ。

 絶対視はできないものの、数字上1戦1勝馬から入るのがセオリー

3)連対馬の脚質
 逃げ (2,0)2頭
 先行 (1,5)6頭
 差し (3,2)5頭
 追い込み系の脚質馬は軸に出来ず。それ以外であればどこからでも
 狙える傾向。

 当該レース上がり3F
 1着 (5,1)6頭
 2着 (1,4)5頭
 ここまでで11頭を占めている。

 4角位置が7番手以内
 (6,7)13頭

 本レースに限っては、 「前走上がり1位か2位の馬」が軸

4)前走着順
 1着 (6,7)13頭
 前走は1着であることが軸馬の条件!

 注)前走ダート出走馬の連対は 、過去7回例がなし。

5)連対馬の前走出走コース
 札幌コース (7,7)14頭
 前走札幌以外での出走馬の連対例ここ7回で1度もなし

 前走札幌を使っていない馬は軸としては無用

6)前走の出走距離
 札幌芝1800m (3,5)8頭
 札幌芝1500m (3,1)4頭 ここまでで12頭

 前走は札幌芝1800mを使った馬が有力!
 今回と同じコース同じ距離。このデータは頷ける。

【結論】
・1戦1勝、前走札幌芝1800m1着、上がり3Fが1位・・・
 これを軸馬の条件とするならば、

 アドマイヤサムライ
 ピロートーク
 ダノンヒデキ
 この3頭しか残らない。

 あえて軸指名するならば、勝ちタイムが最も優秀で関西馬なのは
 アドマイヤサムライしか存在せず。
  (深読みすれば、前哨戦コスモス賞を勝ったスズカワグナーはあえてここを
 使わなかった。そしてスズカワグナーとアドマイヤサムライはどちらも橋田満
 厩舎所属である)

 本メルマガは◎アドマイヤサムライを軸推奨馬に指名する。

 相手には、最も怖い馬として前走クローバー賞を勝った
 モエレエキスパートを挙げる。
 一枚落ちとはいえ、中央勢を一蹴した末脚は脅威である。

いずれにせよ、天候的な背景も含め、この時期の2歳馬に絶対的
な信頼は置けない。3番から馬連総流しで。

Good luck!


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com




テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

15:10  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/104-f89edf62

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。