04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】東京11R 天皇賞・秋(G1)

2008.11.02 (Sun)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です)


11月02日(日)東京11R【天皇賞・秋(G1)】

【テーマ】
「後半速くなるペースに対応できる馬」

・天皇賞・秋の過去成績から予想
・馬場改修後過去5年で同時期同条件東京芝2000mにて開催の
 5回連対10頭をサンプリングとして軸予想

1)連対馬齢勢力
 3歳 (0,1)1頭
 4歳 (3,1)4頭
 5歳 (2,3)5頭
 他の世代に連対なし。

 6歳以上は無条件切りというデータでの示唆。
 今年はどうでしょうか?

2)血統背景
 父:サンデーサイレンス またはサンデーの直仔が父である馬有力
 母父:ノーザンダンサー(ノーザンテースト、リファール、ダンジグ等々)

 血統だけを眺めれば、ダイワスカーレット、エアシェイディ、キングストレイル
 はまさにピタリ

 ダイワは実績、血統にケチがつけられない。
 しかし後に記すが、決定的に連対しないと示唆するデータがあります。
 調教も不安が残りますし、かなり迷う1頭です。

 エアは逆に調子は文句なしの様子。東京実績も文句なし。
 ただ、通用するのかという横比較になります。
 キングストレイルは展開に疑問が残ります。

3)前走出走レース
 連対馬は前走全て「G2」以上の格レースに出走している
 つまり「G3」以下なら切りとなる

 宝塚記念 (2,1)3頭
 毎日王冠 (1,1)2頭
 札幌記念 (1,0)1頭
 京都大賞典 (1,0)1頭 ここまでで7頭

4)前走の着順
 1着(1,1)2頭
 2着(2,3)5頭
 3着(0,0)0頭
 4着(0,2)2頭
 5頭(1,0)1頭
 以上でサンプリング10頭全部

 過去5年のデータからは「前走G2以上のレース出走馬」でかつ
 「5着以内」でないと連対しないと言う結果が読みとれます。
 特に前走2着馬が連対5頭もおります。

5)レースの傾向(天皇賞での東京芝2000m)
 過去5回の傾向では、
 ・前半1000mの方が後半1000mより速かった 2回
 ・後半1000mの方が前半1000mより速かった 3回

 前半が速くなったレースはメンバーに左右されるケースが多く、
 2003年 「ゴーステディ(吉田豊)」と「ローエングリン(後藤)」が譲らず
 先陣争いを展開し暴走したケース。
 このときは2着にツルマルボーイ4角最後方から上がり33.1秒で追い込んだ

 また2006年は、逃げの鬼騎手とも言える佐藤哲三鞍上のインティライミが
 逃げて、勝ったダイワメジャーが番手で追う展開。
 これも例外の展開といえる。

 今年はメンバー的に毎日王冠のようにウオッカが逃げる事は予想出来ず、
 順当に1200m当たりから11秒を要求されるラップになることは推測の
 範疇。

 最後1Fは自力争いでタイムはタれるが、残り800mを征する馬が
 天皇賞秋を征する馬と言えよう。
 「完調なら」という条件が付くが、ダイワスカーレットが非常に向いている。

6)位置取りの傾向
 逃げ (0,0)0頭
 先行 (2,1)3頭
 中段 (3,3)6頭
 後方 (0,1)1頭

 後方からの1頭は前述したツルマルボーイの2着
 常識的に10番手以降からの差しきりというのは考えにくい。
 好位差しというのが王道であろう。
 ここは紛れない限り実力勝負。

7)上がりタイム
 1位 (1,1)2頭
 2位 (2,1)3頭
 3位 (1,1)2頭 ここまで7頭

 位置取りや脚質にもよるであろうが、ないよりはあった方が良いのは明白。
 とにかくポイントは「後半速くなる展開に強い馬」を探すと言うこと。

8)半年以上の休み明け馬の成績
 過去10年で連対なし。

 ダイワスカーレット・・・・・能力上位ですが、どうなんでしょうか?
 ここがこの秋天、もっとも克服しなくてはならない要点です。

【結論】
残す馬を選ぶのはそう難しくありません。
ただ、軸をどうするの?となるとやや厄介。

ダイワスカーレットが、ここを休み開けでなければ自信の◎でしたが、
休養開けではなく骨瘤開けというのがポイント。
加えて調教がどうも疑問が残ります。

となると初の惨敗も見えて来ます。流石に軸としては不安が多すぎ。

他に残ったのが3頭
ディープスカイ、ウオッカ、ドリームジャーニー

3歳馬ではNo.1ながら、古馬との定規がいまいち自信持てずのディープ
前走1着も「G3」レース。加えて17番枠という大外を引いてしまい、
やや運のなさを感じるドリームジャーニー

やはり残るのはこの馬「ウオッカ」ここメイチでしょう。
武豊もここだけは負けられない1戦。
1800m→2000mに変わり、彼女にとって良い条件。しかも前走2着。

軸はウオッカで行きます。

◎ウオッカから馬連総流しで。

Good luck!


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com




テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

12:51  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/123-18932741

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。