09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【エリ女回顧】結果の事実

2008.11.19 (Wed)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です)

牝馬チャンピオン決定戦・・・
しかしもって古馬勢はウオッカとダイワスカーレットが未出走。
そして3歳勢もオークス馬、秋華賞馬が回避というメンバー
真の「女王決定戦」というには程遠いメンバー構成で開催された今年の
エリザベス女王杯でしたが、それ故馬券も迷うところがあったのではないかと
お察し致します。

優勝は今回からコンビを組むクリストフ・ルメール騎手騎乗の
リトルアマポーラ
休み開け2戦目で前走+10kg。今回も+4kgであったが決して太くはなく、
まさに一夏越しての成長と、調整が上手く運んだ数値といえよう。
2着カワカミプリンセスを1馬身1/2押さえ込む完勝。
このメンバーであれば、格より勢いの3歳馬であった。

1番人気は5歳馬カワカミプリンセス
本紙でも本命◎でしたが結果は2着惜敗。
しかしもって、リトルアマポーラをずっと見ながらの競馬で最後上がりもアマポーラに
及ばず、並ぶどころか離されたままで、本レースだけ見れば差こそ少ないが
内容は完敗であったといえよう。
正直、この内容ではウオッカ、ダイワスカーレットとはまともな勝負ができない
レベルと断言してしまう。少なくとも先々目標が上記2頭にあるならば、ここは絶対に
完勝でなくてはならなかったはず。残念ではあるが、相当の上積みがなければ
頭打ちと判断する。

3着は2番人気の4歳馬ベッラレイア
これも能力から推し量れば妥当な着順。上がりはカワカミを上回り、メンバーや
開催場所・条件が味方をすれば今後も重賞制覇は十分可能な馬と見た。

予想ファクターから振りかえれば、

「データ上過去10年の連対馬は、全て重賞出走馬。
前走条件戦出走馬は無条件で切り。」
有力牝馬の回避により、例年になく条件馬・前走条件勝ち上がり馬の出走が目立ち、
惑星感を漂わせたが、やはり過去データは真実を映していた。

前走条件戦出走馬の連対はおろか3着もなかった結果。

ここで避けて通るわけにはいかない「ポルトフィーノ」の落馬について
予想時にも記載した通り、データは「前走条件戦出走の馬は過去連対例なし」
に該当したポルトフィーノ。

私は血統的背景からも「なし」と判断した訳だが、結果は「落馬」という事実
の上に成り立ったポルトフィーノの連対なしという事態。
常々「競馬に絶対はない」と記している事象の一つがポルトフィーノと武豊に
起きてしまった。

競馬に「たられば」は禁物である。
ポルトフィーノには「秋華賞に出走してい・・・・・・・たら」という話題が今週も
マスコミを中心に賑わった。

しかし、厳しいことを書けば、自らの実績が招いた「除外」であった訳で、
出てい・・・・たらなんて事は無いわけである。

今回さらにそこが強調され、最終オッズは3番人気。
「落馬していなかっ・・・たら」も無いわけである。
落馬したわけですから。そこでおしまい。何が理由であれ競走中止で連対の
事実は無い結果となりました。

カワカミも悲願は達成できず。ポルトも残念な結果になりました。
しかし、それが無情なる競馬の結末です。勝つのはただ1頭のみ。

データは変わりませんでした。データブレーカーは今年もエリザベス女王杯には
登場しませんでした。
来年も、「データ上過去10年の連対馬は、全て重賞出走馬。
前走条件戦出走馬は無条件で切り。」忘れるべからず。

探してた競馬サイト、競馬情報が見つかる 競馬サーチ.com



にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com





テーマ : 競馬 - ジャンル : ギャンブル

08:57  |  結果の事実  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/131-c4a231d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。