06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】京都11R 日経新春杯(G2)

2009.01.18 (Sun)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です)

1月18日(日)京都11R【日経新春杯(G2)】

古くはテンポイントが命を落とす事となったレース・・・
1月の古馬長距離ハンデ戦の日経新春杯。
個人的に思い入れの多い1戦。さて今年はどんな結末が・・・

【テーマ】
「自力勝負!スローからの上がり勝負に強い馬が勝つ!」

・「日経新春杯」の過去10年京都開催での同条件10回成績を参考とする
・サンプリングは当該レース過去10年連対馬20頭で実施

1)2008年プレイバック
 優勝 3番人気 アドマイヤモナーク56kg (前走京都OP万葉S3着)
 2着 2番人気 ダークメッセージ55kg (前走京都OP万葉S2着)

 各馬積極的な先行策を取る。
 内からワイルドスナイパーが先手を取り、その後ろに先行馬群が
 固まる展開。
 前半1000mが60秒とこの距離にしてはやや速いペース。
 結果ラップは
 12.5 - 11.4 - 11.3 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 12.3 - 11.9 -
 12.2 - 12.2 - 13.0 というこのレースでは珍しい前半が速くなり後半
 自力勝負となった展開。
 直線テイエムプリキュアが馬群中心から抜け出し銭湯に。
 先行には辛い展開にアドマイヤジュピタも抜け出せず、その外を
 アドマイヤモナークが交わして上位進出。
 ゴール前100m付近できっちりテイエムを捉える。さらに最後方に近い位置より
 追い込んできたダークメッセージが最後の最後にテイエムを交わし2着。
 あわやのテイエムプリキュアが3着。1番人気のアドマイヤジュピタは4着。

2)連対馬の馬齢
 4歳 (2,3)5
 5歳 (5,5)10
 6歳 (1,1)2
 7歳以上 (2,1)3 以上20頭

 データからは4歳か5歳を軸選択の指針とすべきデータが示されている。
 過去10年牝馬の連対はなし。
 (テイエムプリキュア、マイネレーツェル消し)

3)連対馬の斤量
 ~53kg (0,1)1
 ~55kg (6,7)13
 ~57kg (2,0)2
 ~59kg (1,2)3
 59kg~ (1,0)1  以上20頭

 迷うことなく55kgまでの馬から軸を選ぶべし。

3)複数回連対のあった種牡馬
 父:サンデーサイレンス 5回
 父:チーフベアハート 2回
 母父:ノーザンテースト 3回

 今回の出走馬で上記に該当するのがナムラマースただ1頭

4)前走着順
 1着 (4,1)5
 2着 (3,1)4
 3着 (1,2)3 ここまでで11頭と過半数

 昇級戦の馬
 1着 (3,1)4
 2着 (1,0)1

 ・前走1着かつ本レース当該馬は同級前走1着馬よりかなり信頼できる。
 ヒカルカザブエ、ドリームフライト、タガノエルシコ

 前走上位入線馬を信頼。

5)連対馬の前走出走レース
 有馬記念G1 (2,3)5
 鳴尾記念G2 (1,2)3
 オリオンS 1600下 (1,2)3
 万葉SOP (1,1)2
 ステイヤーSG2 (1,1)2    ここまで15頭と過半数以上。

 有馬記念2着アドマイヤモナーク(昨年優勝)
 鳴尾記念2着ナムラマース
 オリオンS1着ドリームフライトが該当してきます。

6)レースのペース傾向(過去9回)
 前半1200m・後半1200mでほぼ同じタイム 5回
 前半1200mの方が速い 2回
 後半1200mの方が速い 3回

 今回出走メンバーで先頭が絶対条件という馬が見あたらず、
 比較的前半緩く、後半自力比べという予測が立つ。
 アドマイヤモナークは昨年逆ペースでの差しきり勝ちであり、
 有馬記念もダイワが引っ張る展開に乗じた2着。
 年齢的な物もあり過信できず。

 (参考:有馬のペース)
 6.9 - 11.2 - 11.9 - 11.2 - 11.9 - 13.0 - 13.2 - 12.4 - 11.5
  - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 12.7
 これが今回の日経新春杯で再現されるかというとそれは否。
 アドマイヤは思い切って軸からは切り捨てたい。

7)連対馬の脚質、上がりタイム
 逃げ (0,2)2
 先行 (3,5)8
 中段 (6,1)7
 後方 (1,2)3

 先行か中段からの差し馬を選ぶのが妥当。

 連対馬の上がり3F
 1位 (7,3)10
 2位 (3,1)4
 3位 (0,0)0 ここまでで14頭と過半数以上

 連対馬の脚質ともリンクするが平均ペースを「差し切れる脚」のある馬が
 連対している。
 
【結論】 比較的傾向はつかみやすいレース。
但しペースが昨年のように前半ガツガツ行く展開にならないことが条件。

1)4,5歳馬が軸選択の中心
2)前走条件戦1着馬の好走
3)ハンデは54~55kgまでの馬が連対する傾向
4)上がりのある馬

アドマイヤを切る理由は上記の通り。
となると残るのは以下の4頭。

ヒカルカザブエ、タガノエルシコ、ナムラマース、ドリームフライト

この中から上がりを含めた総合評価を下すとなれば、
本誌の軸は、1番◎ヒカルカザブエとした。

ここまで休みを挟み4連勝の馬を軸にするのは得策ではないと考えるが、
上記ファクターで最も条件が揃うのはこの馬である。

筆者の馬券は以下の通りである。
馬連 1番総流し
ワイド 1,7,8,12,15BOX

Good luck!


【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ




テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

14:45  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/150-3832516c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。