04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】中山11R AJCC(G2)

2009.01.25 (Sun)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です)

1月25日(日)中山11R【AJCC(G2)】

【テーマ】
「ペースをどう読むか?今年は先行して上がりがある馬に勝機!」


・「AJCC杯」の過去10年中山開催での同条件9回成績を参考とする
・サンプリングは当該レース過去10年連対馬18頭で実施
・本年も「Cコース」開催。過去10年で03年のみ「Bコース」使用、他は全て
 「Cコース」にて開催。

1)2008年プレイバック
 優勝 2番人気 エアシェイディ (前走中山G3金杯2着)
 2着 9番人気 トウショウナイト (前走中山G3金杯11着)

 アドマイヤメインが引っ張る展開。前半1000mを61秒で通過の緩いペース。
 12.7 - 11.3 - 12.7 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.2 - 11.8 - 11.9 - 12.3
 しかし、外回りの最も遠い位置から12秒台前半のラップを続ける速いラップが
 続き、先行馬には厳しい流れ。
 4コーナー手前で先行馬群は力つき、中段を進んでいた馬が一気に台頭。
 直線馬群の真ん中を割ってきたエアが抜け出し先着。
 道中勝ち馬と同じような位置を回ってきたトウショウナイトが2着争いを制し
 3着は混戦の中ハナ差でブラックアルタイルが入線した。

2)連対馬の勢力図
 関西 6  関東 12 と関東優勢。
 近年ではここ2年関東馬同士の決着。

3)連対馬の馬齢
 4歳 (3,4)7
 5歳 (2,2)4
 6歳 (1,2)3
 7歳 (3,1)4 ここまでで18頭

 最も連対が多いのは4歳。実績馬と上がり馬の対決構図が
 はっきりと見える。馬齢だけで追うなら軸は4歳馬。
 7歳馬以上の馬齢で過去10年連対なし。昨年勝ち馬エアは8歳。
 流石に今年は3着までか?

4)連対馬の前走着順
 1着 (3,2)5  うち前走条件1着 (2,1)3
 2着 (1,0)1
 3着 (2,1)3
 4着 (1,0)1
 5着 (0,3)3 ここまで13頭

 前走1着・・・とりわけ上がり馬の成績に注目。他に大きな傾向なし。

5)前走出走場所
 中山 (7,6)13
 京都 (1,3)4
 東京 (1,0)1 ここまで18頭

 文句無く「前走中山出走馬」から選ぶべし。といっても今年は
 出走13頭中12頭が前走中山出走馬です。

6)連対馬の前走出走レース
 中山金杯 (3,3)6
 ジャパンカップ (2,0)2
 有馬記念 (1,1)2
 京都金杯 芝2000m時代 (1,0)1
 中山条件戦 (2,1)3
 菊花賞 (0,2)2     ここまで16頭

 前走中山金杯出走馬が最も多く連対する傾向あり。昨年も1-2着馬
 が共に前走中山金杯出走。前走中山の条件戦出走馬も侮れず。

7)連対馬の脚質、上がりタイム
 逃げ (2,0)2
 先行 (5,6)11
 中段 (2,2)4
 後方 (0,1)1  ここまで18頭

 先行差しが好成績に繋がっている傾向。逃げも決まり、中段より前に
 位置取れる馬から軸を探せ。

 連対馬の上がり3F
 1位 (5,2)7
 2位 (0,2)2
 3位 (2,0)2 ここまでで11頭と過半数以上

 先行できて上がりが繰り出せる馬・・・・・という背景が見える。

8)連対馬の斤量
 56kg (2,4)6
 57kg (4,3)7
 58kg (3,2)5  ここまでで18頭

 どこからでも狙える。

【結論】
G1級が出走しない時期にあって、実績を積んだ高齢馬と
条件戦を勝ち上がってきた4,5歳馬との激突という構図が見える。

上記過去データから何を重要視するか・・・であるが、
1)逃げ・先行脚質優勢 追い込みは効かず。
2)中山2200mの特異レイアウト(外回り)に着目
3)条件勝ち上がり馬を軽視しない
4)7歳以上は軽視
というファクターであろうか。

実は最も条件に合った馬は上がり馬の「ドットコム」であったのだが、
流石に能力を見つめた際に、軸としては厳しいと言わざるを得ない。

軸候補として残ったのは
キングストレイル、トウショウシロッコ、メイショウレガーロである。

エアシェイディは過去10年8歳馬の連対がなく、これを重視。
3着までと見切って、軸候補からははずした。
ドリームジャーニーとマイネルキッツ、ネバブションは脚質から。
アルナスラインは使い減りするタイプであり、中山よりは東京と言う
印象から軸候補から外した。

では軸は?という選択となるが、失礼ながら鞍上でかなり迷ったが、
馬の能力と脚質、中山2200mとの相性を重視し、
12番◎キングストレイルとした。

筆者の馬券は以下の通りである。
馬連 12番総流し

Good luck!


【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ




テーマ : 競馬の予想結果 - ジャンル : ギャンブル

13:00  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/153-fff10176

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。