04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【AJCC回顧】横山典弘騎手が一流である証明

2009.01.28 (Wed)

先週自らの予想と実際のレースを振りかえる。

日曜中山メイン「AJCC(G2)」
1番人気はドリームジャーニーの単勝3.2倍
当方の予想では、過去の傾向も含め、

「ペースをどう読むか?今年は先行して上がりがある馬に勝機!」

そしてドリームジャーニーに関しては、脚質(近走、優勝時の位置取り)
から軸としては選べないとした。

結果最後方からの競馬で8着。
レースの条件と馬の能力、どちらを優先するかという切り口が重要である
証明のようなレースであった。

本音毒を吐けば、何故この馬が1番人気に推されたのか
私には理解できる理由は見あたらず。所詮人気などそんなもの。

当方推奨軸は上記の「レースにおける傾向」から、
中山2200mの重賞で前に行って実績のあるキングストレイル。
前走中山金杯で破れていたことも好材料。

展開は思った通りであったが、他の馬がスパートをかけてきたのが早かった。
4コーナーではもう余裕がなかった。
ラップ
12.3 - 11.8 - 12.5 - 12.2 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 12.1 - 11.6 - 11.7 - 12.6

2着は8歳馬で58kg斤量のエアシェイディ
「過去10年8歳馬の連対なし」を材料に3着までと読んだが、
さすがは昨年の勝ち馬。しっかり連対を果たした。
またしてもデータブレーカーにやられた印象。
再度「同条件連対馬軽視禁物」を思い知らされた。

優勝したネヴァブションは鞍上横山典弘騎手の好騎乗であった。
馬自体の能力は足りていた。しかし、ドリームジャーニー同様
近走の位置取りが後ろ目であったことから、この馬はまた後ろから・・・
そう読んだ予想であった。

しかし現実は、レースの勝ち負けに必須な「逃げ・先行ポジション」である
4番手を進み、直線差しきる理想的なレース運び。
これを読めなかった私の完敗である。

逃げるであろうキングストレイルで同じ場所同じ距離のオールカマーを
2着の鞍上は横山典弘。
彼にしてみれば、この馬さえ負かせばという思いはあったのではなかろうか。

予想時にもキングストレイルの軸選択に関しては、
「失礼ながら鞍上でかなり迷ったが」と記させて貰った。
まだまだ甘いと反省しきり。

横山典弘騎手が一流である証明をしてみせた1戦であった。


【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ




テーマ : 競馬の予想結果 - ジャンル : ギャンブル

08:30  |  結果の事実  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/156-c05f9764

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。