04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】東京11R 東京新聞杯(G3)

2009.01.31 (Sat)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です)

1月31日(土)東京11R【東京新聞杯(G3)】

【テーマ】
「11秒ラップ連発のレース展開が恒例!このペースを制するのは?」


・「東京新聞杯」の過去5年(馬場改修後)東京開催での同条件5回成績
 を参考とする
・サンプリングは当該レース過去5年連対馬10頭で実施
・本年も「Dコース」開催。過去5年全て「Dコース」にて開催。

1)2008年プレイバック
 優勝 6番人気 ローレルゲレイロ (前走阪神G2阪神C4着)
 2着 13番人気 リキッドノーツ (前走京都G3金杯12着)

 ローレルゲレイロが引っ張る展開。ピンクカメオは大きく出遅れる。
 3コーナー入り口でアポロノサトリがローレルに並びかけ、3-4コーナー
 中間で先頭に。2頭の後は少し開いてタニノマティーニ、タマモサポート、
 エイシンデピュティなどが追走する。
 前半800mは36.5秒と恒例の速い流れ。
 直線に入り、アポロノサトリが一杯になったところを最内からローレルが抜け出し、
 これを追走していたタマモサポートが馬体を併せて追いすがる。
 追い込み勢が横一杯に広がり、大外からリキッドノーツが追い込み横一線。
 クビ-ハナ差で1着ローレルゲレイロ、2着リキッドノーツ、3着タマモサポート
 馬連40120円、三連単2543450円という大波乱の結果となった。
 【ラップ】
 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.5 - 11.2 - 11.5 - 11.7 - 11.9

2)連対馬の勢力図
 関西 5  関東 5 と連対数は互角。
 近年ではここ2年関西馬が優勝。

3)連対馬の馬齢
 4歳 (2,1)3
 5歳 (1,0)1
 6歳 (2,3)5
 7歳 (0,1)4   全10頭

 最も連対が多いのは6歳。次いで4歳。
 連対実績は7歳馬まで。8歳以上の馬齢連対は過去5年なし。
 1998年までさかのぼっても、8歳以上馬齢連対なし。
 (昨年2着馬リキッドノーツ→今年8歳→3着狙い?)

4)連対馬の前走着順
 1着 (2,2)4  うち前走条件1着 (1,1)2
 2着 (0,0)0
 3着 (1,0)1
 4着 (1,1)2
 5着 (1,0)1 ここまで8頭

 他の連対例2頭は前走10着以下からの巻き返し。
 前走成績は過信すべからず。
 このレースに合う馬を探すべし。

5)前走出走場所
 東京 (1,2)3
 京都 (2,3)5
 中山 (1,0)1
 阪神 (1,0)1  全10頭

 半数が前走京都出走馬。前走中山出走馬は危険。

6)連対馬の前走出走レース
 京都金杯 (2,3)5
 他様々

 前走中山金杯出走馬が最も多く連対する傾向あり。昨年も2着馬
 リキッドノーツが京都金杯12着から巻き返した。

7)連対馬の脚質、上がりタイム
 逃げ (1,0)1
 先行 (1,1)2
 中段 (2,1)3
 後方 (1,3)4  ここまで10頭

 どの脚質でも結果を出せているが、差し・追い込みが好成績に
 繋がっている傾向。但し、先行馬も5回中4回が連対対象。
 後方一気を過信すべからず。特に今年は雨の影響で高速決着とは
 ならないと読む。

 連対馬の上がり3F
 1位 (3,3)6
 2位 (0,1)1
 3位 (1,0)1 ここまでで8頭と過半数以上

 上がりは軸馬に必須と捕らえる。

8)過去5年のレースペース
 08 12.4 - 11.0 - 11.6 - 11.5 - 11.2 - 11.5 - 11.7 - 11.9
 07 12.5 - 10.8 - 11.5 - 11.7 - 11.8 - 11.3 - 11.1 - 12.0
 06 12.7 - 11.4 - 11.6 - 11.7 - 11.7 - 11.2 - 11.4 - 12.0
 05 12.8 - 11.1 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 11.0 - 11.2 - 11.7
 04 12.6 - 10.8 - 11.7 - 11.9 - 12.0 - 11.2 - 11.4 - 11.4

 テーマにも記したが、「11秒ラップ」の厳しい流れを得意とする馬が
 連対を果たす可能性が高い。
 逃げて34秒の脚か追い込んで33秒の脚が必要と考える。

【結論】
気にしてもどうにもならないファクターに
「馬場状態」と「雨」があげられる。

今、この段階で判断しなくてはならないのにこれを気にしても仕方がないと
割り切って、軸馬指名に入る。

上記過去データから軸馬を読むファクターとして・・・
1)脚質不問。11秒台ラップをしのげる馬
2)上がりがある馬
3)前走京都出走馬が有力、中山出走は軽視。
4)7歳以上は軽視
というファクターであろうか。

軸候補として残ったのは
昨年の3着以内から、ローレルゲレイロ、タマモサポート、
そして東京に良績のあるリザーブカードの3頭。

サイレントプライドは先週のアルナスライン同様使い減りタイプと見て、
ここは軸候補には残さない。

単純に連勝を重ねてきているタマモサポートがファクターも経過も
軸候補としては最強である。本格化だとすれば、ここも負けられない1戦
であろう。
しかしもって、過去5年。馬連万馬券2回、40倍台1回と人気サイドでは
なかなか決まらないのがこの1戦。

2連勝で波に乗るタマモは多分人気を背負った試金石となるこのレース
果たして軸にして良いものか?3連勝はあるのか?微妙な所である。
血統からも、人気がないときこその1頭という印象。

ならば、昨年覇者のローレルゲレイロから入りたい。
脚質も天気を味方につけそうである。
軸は◎5番ローレルゲレイロとする。

筆者の馬券は以下の通りである。
馬連 5番総流し

Good luck!


【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ




テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

13:00  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/159-846aa2d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。