09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】東京11R 根岸S(G3)

2009.02.01 (Sun)

(以下の内容は無料メルマガ「キヲク」で既報済みの内容と同一です)

2月1日(日)東京11R【根岸S(G3)】

【テーマ】
「不良馬場1分22秒台の決着を制するのは上がりのある馬!」


・「根岸S」の過去10年東京開催での同条件7回成績を参考とする
・サンプリングは当該レース過去7回連対馬14頭で実施

1)連対馬の勢力図
 関西 11  関東 3 と圧倒的に関西馬優勢
 1月2月におけるオープンクラスの重賞番組が関東に寄っている
 背景も影響していると考える。

2)連対馬の馬齢
 4歳 (1,1)2
 5歳 (2,3)5
 6歳 (3,3)6
 7歳 (1,0)1   全14頭

 最も連対が多いのは6歳。次いで5歳。
 連対実績は7歳馬まで。8歳以上の馬齢連対は過去7回なし。

3)連対馬の斤量
 ~55kg   (0,1)1
 56~57kg (7,5)12
 58kg~   (0,1)1   以上14頭

 58kg以上の連対は1例(2002年ノボトゥルーが59kgで2着)
 今回はバンブーエールが59kgしかも初59でのレースに?が点灯
 マルカフェニックス、フジノウェーブが58kg
 前者はダート適性に、後者は年齢に?が点灯

4)連対馬の前走着順
 1着 (3,3)6  うち前走条件1着 (1,0)1
 2着 (1,1)2
 3着 (1,0)1  ここまで9頭と過半数

 軸を探すなら前走の成績上位を信頼。特に1着馬からのチョイスを推奨。

5)連対馬の前走出走レース
 これまでは、1回中山で開催されていた「ガーネットS」での上位馬が
 直結するレースであったが、今年から番組が変更となり、年末の中山開催に
 「カペラS」が新設。1月のダート番組はオープン戦に昇格した「ジャニュアリーS」
 を重要レースと見た。

 従って、カペラS1着ビクトリーテツニー、同2着スリーアベニュー、
 ジャニュアリーS1着ヒシカツリーダーなども争覇圏と見るのが妥当。

6)連対馬の脚質、上がりタイム
 逃げ (1,1)2
 先行 (1,2)3
 中段 (4,2)6
 後方 (1,2)3  ここまで14頭

 どの脚質でも結果を出せているが、差しが好成績に繋がっている傾向。
 後方一気を過信すべからず。特に今年は雨の影響で先行した場合すんなりも。
 とはいえ東京ダート戦。逃げ切るのは至難の業と言える。

 逃げそうなのはセントラルコースト、ナンヨーヒルトップ、ダンツキッスイあたりか。
 いずれにせよ前半が速くなる傾向のレースだけに、逃げ馬の展開要注意。

 ◆連対馬の上がり3F
 過去5年の結果では、連対馬が必ず上がり3Fタイム上位3頭の馬のどれかが
 連対を果たしている。
 2004年に至っては上がり3Fタイム1位~3位の馬がそのまま3着までを
 占めている。従って上がり3Fタイムは軸馬に必須と捕らえる。

 ◆レースペース
 過去7回については、全て前半11秒、ないしは10秒台のラップで速く流れ、
 後半は12秒台の消耗戦となる傾向100%
 とにかく前に行く馬はタレない事。後ろから行く馬は上がりが必須。
 特に今年は不良馬場の開催となる。どちらが有利かを見極める判断が求められる。

7)過去同レース上位経験馬
 アドマイヤスバル →昨年3着 昨年も不良馬場開催(要注意)
 リミッドレスビット →過去優勝馬も10歳では・・・

【結論】
不良馬場は果たして先行馬に有利なのか?それとも差し馬に有利なのか?

その結論ありきで軸指名馬の名前が変わってしまう。
そんなメンバーである。
昨日同様馬場も大きく結果に影響しそうである。

その答えは「馬場の影響を考慮する前にレースの傾向を重視」である。
つまり、「差し馬から狙う!」のファクターを優先した。

上記過去データから軸馬を読むファクターとして・・・
1)差し馬有利
2)上がりがある馬
3)前走1着
4)5歳、6歳を中心とする。7歳以上は軽視
5)不良馬場良績馬を重要視
というファクターであろうか。

軸候補として残ったのは
上がりの脚を持っているビクトリーテツニー
実績上位、東京も不良もOK フェラーリピサ
昨年の3着以内から、アドマイヤスバル
この3頭である。

この中で、ビクトリーテツニーは4歳。前走カペラSは鮮やかな上がりで
優勝したが、今回は前回ほどにハイペースになるか?である。
しかも追い込み脚質に1番枠。前走も2番枠であったからそう不安材料
ではないと思われるが、果たして届くか?

アドマイヤスバルは人気にならないであろうから、3着以内候補で。

つまり軸は◎11番フェラーリピサを指名する。

東京実績も不良馬場実績も文句なし。この実績で57kgも有利。
脚質も自在であり、唯一の不安は休み開けという点だけ。

最後まで気になった穴馬は2枠2頭。どちらも不気味。
展開一つであろう。

筆者の馬券は以下の通りである。
馬連 11番総流し
ワイド 13番総流し
枠連 2→総流し

Good luck!

(本日、京都牝馬Sの予想は時間の都合上お休みです、ご了承願います。)


【馬ナビ】競馬ブログのポータルサイト


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ




テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

14:00  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/160-aabe9ce7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。