10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【結果の事実】オークス(G1)からの復帰

2008.05.26 (Mon)

大変ご無沙汰しておりました。
誰も待っていてくれた訳ではないのですが、
過去データだけの予想には無理があることを年末に判断させて
いただき、新たなるスタートの内容検討と再開のきっかけを待って
おりました。

以前1度でも本ブログを訪れて頂いた方ならご存じかと思いますが、
今年の牝馬クラシックは昨年の阪神JFの勝ちっぷりより
「トールポピー」と決めていた自分がおります。

根拠としては、血統(母父:サンデーサイレンス)、脚質、完成度・・・
それに池添JKの惚れ込みようとコメントが後押ししておりました。

で・・・チューリップ賞をステップに臨んだ1冠目「桜花賞」は8着
正直私も愕然でした。
印も◎なら馬券も軸。その落胆たるや語れません。

しかしもって、勝った馬を軽視するわけではありませんが、
正直トライアルを見ても、実際今日のオークス出走馬のメンバー
を見てもやはり「トールポピー」の◎は私の予想の範疇では
揺るがない物でした。

追々書き連ねて行きたいと思っておりますが、このブログを止めてから、
まさに「初心貫徹予想」に立ち戻っておりました。

それは・・・
 1)競馬新聞や日々スポーツ紙を読まない
 2)勿論当日の新聞や印を打った物は自分の予想が終わるまで
   絶対見ない。
 3)予想ファクターは「血統」と「当該レースの過去傾向」
   を信じるのみ


という取り組みでした。

おかげさまで、本年オークスはトールポピーからの馬連総流し
見事万馬券を射止めることに成功いたしました。
そして、競馬専門SNS「TURF」の予想 ランキングも今週末現在
「22位(これまでの最高位4位)」という成績を続行中です。

どちらかというと、今後はこのスタンスからのコメントや結果検証が
主となり、来年以降の同じレースに対する記憶を書き記して行くことが
中心の内容となるかと思います。

オッズや他人様(それが職業の方や競馬フィールドの方で
あったとしても)
所詮「他人の思いこみ」がマスコミ情報です。
そんな情報に振り回されることなく、自分で答えを導き出し、
がんがん高配当を当てて行きたいという自分の「馬券観」を
書き記して行こうと思っております。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

01:58  |  ご挨拶  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/35-84dedcc2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。