06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【予想】札幌11R エルムS(jpnG3)

2008.09.13 (Sat)

(以下の内容はメルマガで既報済みの内容と同一です)

9月13日(土)【エルムS(jpnG3)】

・札幌ダート1700mでの施行条件
・過去10年連対20頭をサンプリングとして軸予想

1)関東所属、関西所属互角
 関西馬9連対
 関東馬9連対
 (地方所属馬2頭連対)

2)前年度同レース連対馬の2年連続連対
 平成4年1着 → 平成5年1着 パーソナルラッシュ
 平成5年2着 → 平成6年2着 ジンクライシス

 前年度連対馬は要注意。
 本年は昨年の1-2着馬が両方出走。
 同じ組み合わせは冗談抜きで要注意。

3)連対馬の年齢・性別傾向
 牝馬は過去10年で1回優勝 平成2年 プリエミネンス 牝5
 データ傾向的には牝馬は切り

 連対の多い年齢は
 4歳(4,3)7回
 5歳(2,5)7回
 6歳(3,0)3回
 7歳(0,1)1回
 4~6歳が中心となるであろう

4)連対の脚質、上がりタイム等
 連対馬の脚質傾向は、逃げ先行が圧倒的有利。
 4角先頭の逃げ馬は勝ちこそないが、2回連対あり。

 4角の位置が4番手以内 20頭連対(10,8)
 ほぼこの位置にいないと連対はないも同然。

 上がりはあるにこしたことはないが、必ずしも1番の上がりを
 繰り出さなければ勝てないレースではない。
 前に行けて、タレない馬が連対の要件であるといえる。

5)血統の傾向
 父としてはブライアンズタイム、ティンバーカントリーなどが相性良し
 母父としてはAlydar、ノーリュートあたりに実績有り。

6)前走着順
 前走1位→エルムS (5,3)8
 前走3着以上→エルムS(7,7)14

前走上位から狙うのがセオリーなのは間違いない。

7)前走は重賞かマリーンS出走
 過去の連対馬の傾向として、札幌開催以外の重賞からの参戦か
 函館のオープン特別「マリーンS」を使ってきた馬が好成績。

【結論】
非常に今回はおもしろいメンバーが集まったと言える。
突出して強い馬が居るわけではなく、様々な臨戦課程から
エルムSに参戦している馬が多く、定規が当てにくい。

とはいえ、メルマガの趣旨からも、自分の気持ちを肩入れするわけに
はいかないのが辛いところ。

1)前年度連対馬軽視すべからず。
2)前にいける馬
3)ブライアンズタイム産駒
というファクターを重ね合わせれば、軸指名馬はマコトスバルビエロ
という見解に落ち着く。

ここから馬連総流しで。

Good luck!


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ



テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

08:22  |  予想  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tpodh.blog22.fc2.com/tb.php/82-9eb77377

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。