04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【馬券理論】グリグリ1番人気馬の捨取

2008.10.01 (Wed)

先週開催の東西重賞「オールカマー」と「神戸新聞杯」は、
どちらも1番人気馬が勝つ結果となった。

結果・・・
オールカマー1着 マツリダゴッホ 単勝1.4倍
神戸新聞杯1着 ディープスカイ 単勝2.0倍

私は「馬券の買い目を決めるまではオッズは見るな」と
決めている。
それは、「オッズと勝ち馬に相関はない」と確信しているから
である。

今週はたまたま東西重賞で軸馬に指名した馬が、
どちらも1番人気となりました。
それは予想ファクターからはじき出した結果論。
これが、レースによっては最低人気馬が軸馬として指名される
場合もあるわけです。

本ブログでは、その根拠になるべく逆らわないように馬券を
買いましょうと方針立てしております。

オッズが安いからと、ブラックシェル1着付け馬単買った方も
おられたでしょう。
マツリダゴッホを2着付けで馬単買われた方もおられたでしょう。

心情としては良く理解できます。
私もそういうタイプでありましたから。

でも、それでは馬券は当たらないことに気づいたのです。
自分の思うとおりに結果が着いてきたら競馬やっている人
全員大金持ちでスーパー馬券師です。

「自分の望む結果と事実は同一ではない」

頼るのは「当該レースで過去にあった事実を確認する」
ヒントはここにあると思っています。
それは「事実」であり「フィクション」ではないからです。

たとえ1番人気であろうとも、過去の事実から予想し、
軸にふさわしい馬であれば、その馬に迷うことなく◎を打ちます。

この事実に何ら恥ずかしさとかを持つことはないと思っています。
事実2レースとも◎軸馬が1着であったわけですから。

さて、今週は早くも秋のG1緒戦、スプリンターズSですね
札幌開催も最終週、北海道は雪が目前です。
軸馬だけは間違わず、懐だけは暖かくいきたいものです。


ブログよりもいち早く軸馬予想をお届け!
重賞限定!軸馬予想無料メルマガ 「キヲク」
配信登録はこちら

尚、ブログにもメルマガの内容と同じ予想をアップしますが、
メルマガ登録いただいた方々への感謝も込めて、メルマガは当日開催前に
届くよう配慮しております。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com




テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

16:54  |  馬券理論  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【馬券理論】過去の事実に従わず自滅

2008.09.26 (Fri)

私的な話ですが、
相変わらず仕事が夜シフト。
これから現場管理に向かい、朝5時に社に戻る工程。

一過性だからこそ耐えられるものの、
昼の仕事のありがたさを痛感しています。

そんなこんなで、日曜の重賞予想・・・まだなーんにも手つかず。
明日中にはメルマガで先行配信致しますのでご期待ください。
登録はこちらから。もちろん「無料」での情報提供です)

さて、先週の「セントライト記念」に関し、自身自ら本ブログでの
予想方針に沿わない予想を行い、やはり不的中という結果になって
しまいました。

非難囂々のメールが届くかと思いきや、1通も反応なし。
それはそれでちょっと寂しいです。
こちらも「過去の事実から軸馬を選び出す」というファクターを
真剣に追い続け、メルマガまで発行して真剣に「馬券とは何ぞや」
という側面をお届けしているつもりです。
是非、「書いていることと、はじき出した軸馬が違う」という事実に
気づかれましたら遠慮なくメールにて、コメントにて、ご指摘いただければ
ありがたいと思っております。

さて、その「セントライト記念」ですが、
勝った馬はダイワワイルドボア
9番人気、1000万クラスの権利取り馬でした。

このレースに関し、連対馬の過去データとして当ブログでは
5つのファクターを挙げました。

そしてこの5つのファクター全てに勝ち馬は該当していたのです。

1)関東馬優勢
2)血統にサンデーサイレンスの血
3)ある程度4角で前につけて、きっちり差す競馬が出来る
4)昇級戦の馬を軸と捕らえるのが良い
5)1000万下+1600万下出走 (0,5)

・・・・以上5点

2点目の「サンデーの血」に関しては「母父がサンデー」
と書き記したので完全正解とは言えませんが、父父もサンデーの血
というのはクラシック路線に限定したならばチョイスとしてあり
という結果と思います。

私の軸チョイスはキングオブカルト
そもそも1つ目の「関東馬優勢」というチョイスに反して
しまったチョイスでした。

古馬との1000万下を勝ったというのが選択の決め手だったのですが、
結果、過去の傾向は正しかった。1-2着が今回も関東馬決着。

まさに「感情を捨て、過去の事実に従う」
これはセントライト記念に関して、正しかった。ただ、その指示に
私が従いきれなかったという行動が的中を阻んだと言えるでしょう。

競馬はキオクのゲーム・・・
今週は自らを追い込み、徹底したいと思います。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com




テーマ : 競馬の予想結果 - ジャンル : ギャンブル

18:37  |  馬券理論  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。